商品の価値を十分に理解してもらえていますか?

 
 

世に中には、無数の商品が販売されていますが、その内のどれだけの商品が、その価値についての消費者の十分な理解を得られているでしょうか?

また、自分の会社の自慢の商品について、その価値についての消費者のどれだけの理解を得られているでしょうか?

ほとんどの場合は、販売する側が考える10分の1、いや100分の1も理解されていないと考えます。

商品が売れるためには、商品が、その価格で決められたお金を払うに値すると認めてもらわなくてはなりません。逆に言えば、その価格で決められたお金を払うに値すると認めてもらえさえすればいいわけです。そして、その価格で決められたお金を払うに値すかどうかを判断するためには、その商品の価値についての理解が必要です。

ブランスリーメディアでは、ブランスリー報道社が運営する様々な媒体をフル活用して、クライアント様の商品の価値を、消費者に十分に理解してもらった上で判断してもらえるようにするお手伝いをいたしております。

しかしながら、商品の価値を多くのお客様に十分に理解してもらうことは、実はとても困難な作業を伴います。人間の根源的な本性として、知らないものに対して、無条件に警戒感を抱く性質があり、まずは、認知度を上げ、怪しい者ではないという安心感を持ってもらわなくてはなりません。安心感を持ったときに、消費者の商品を理解しようとする意思考がスタートします。そして、その安心感が信頼へと発展したときに、お得意さんとなるわけです。

ブランスリーメディアでは、こうしたことを踏まえながら、クライアント様の商品が、消費者の信頼を勝ち取るまでの様々な活動のお手伝いができればと考えています。